村山 明(木工)


村山 明


 年 賦

 1944年(昭和19年) 兵庫県尼崎市出身
 1966年(昭和41年) 京都市立美術大学(現・京都芸術大学)彫刻科卒業
            木工芸家・黒田辰秋(人間国宝)に師事
 1970年(昭和45年) 日本伝統工芸展で「欅拭漆懸籠付文庫」が朝日新聞社賞を受賞
 1971年(昭和46年) 日本工芸会会員
 1981年(昭和56年) 日本伝統工芸展監査員
 1983年(昭和58年) 第1回全日本伝統工芸選抜作家展「欅拭漆喰籠」出品
            伝統工芸30年の歩み展(東京国立近代美術館)「欅拭漆懸籠付文庫」出品
 1989年(平成元年)  イギリスロンドンのビクトリア・アルバート王立工芸博物館が「欅拭漆盤」を収蔵
 1996年(平成7年)  京都府指定無形文化財「木工芸」保持者として認定
 1999年(平成11年) パリ「日本の工芸『今』100選展」出品
 2000年(平成12年) 東京国立近代美術館工芸館「器をみる UTSUWA」展出品

 
2001年(平成13年) 大阪うめだ阪急デパート・美術サロンで個展



欅拭漆台子


欅拭漆香合


神代欅卓


欅拭漆船形盛器


欅拭漆盆


彫塗分平棗


梨拭漆飾棚(図をクリック)


欅拭漆大机(図をクリック)


欅拭漆厨子(図をクリック)


Indexへ